orchestra

iphoneが登場して以来、スマートフォンを使ってオーケストラ演奏しようという試みが行われている。2007年にスタンフォード大学のGe教授が始めたプロジェクトは、1台のiphoneをひとつの楽器として、複数台のiphoneを使って合奏するものだった。

http://mopho.stanford.edu

http://www.nytimes.com/2009/12/05/technology/05orchestra.html?_r=0

そして、2012年mobileorchestra.comはクリスマスシーズンに向けて、”Carol of the bells”のオーケストラを編成した。

まず、最初に指揮者として、www.mobileorchestra.comにアクセスする。そうすると、ひとつのURLが与えられる。指揮者はこのURLで楽団員を募る。具体的には、友人、知人のこのURLを伝えて、スマートフォンやタブレットからアクセスしてもらう。友人たちの画面には、バイオリンやビオラ、フルート、チューブラーベルなど、担当する楽器が表示され、演奏する楽曲がダウンロードされる。指揮者の画面には、友人たちがアクセスしてくると、今、何人がアクセスしてきているかが表示される。皆が準備できたところで、指揮者が棒を振り始めると(startボタンを押す)と指揮者の棒に合わせて、割り当てられた楽器の演奏が始まる。

自宅のスマートフォンを総動員して試してみると、見事にタイミングを揃えて、演奏者の動画と音声がぴたりとタイミングをあわせて演奏されるのだ。これがwebベースで行われているのは驚きだ。

http://www.mobileorchestra.com

このふたつを足して2で割ったようなサービスがJam With Chromeだ。

http://jp.techcrunch.com/archives/20121108google-shows-off-chromes-web-tech-with-jam-with-chrome-an-online-band-app-where-you-play-with-friends/

少ない選択で楽しめるメディア

ラジオ、テレビは、チャンネルは選ばないと行けないが、一度選べば、とりあえず、そのまま相手任せでコンテンツを受容できるメディアだ。

インターネットは自律分散システムであり、基本は自らがアクションを起こし、そのレスポンスが戻る、という繰り返しで、逐一選択することが基本である。

しかし、Twitter, last.fm, spotifyなど、一度セットすれば、コンテンツのほうから流れてくるというサービスも少しずつ増えてきた。

どうも私たちは、選択することが思いのほか負担に感じているのではなかろうか。数少ない選択で、ほどほどのレベルのコンテンツを受容できれば、もはや新たな選択を行うのは避けたい、そう考えているのではないか。

これからのインターネット上のコンテンツ競争は、いわゆる「流れてくるもの」が主役になるのかもしれない。

Spotifyを数字で見る:有料購読ユーザー数500万人、米国内100万人、総ユーザー数2000万人。

恐るべしNokia

ringtone(着メロ)と言えば、nokia。

世界中でたくさんの携帯電話機を売ってきたnokia、標準でセットされている着信音は「nokia tune」。wikipedia日本語版にものっているくらい有名だ。タタタンタン、タタタンタン、タタタンタンターン。

これまでも、新nokia tuneを作ったり、世界中で着メロコンテストをやったり、着メロを盛り上げてきたが、ここにきて、オーケストラを使って新しい着メロを製作中だという。

Nokia Hires Orchestra To

30秒だけどフリーのフル着オケ

ブリュッセルフィルハーモニーはネット活用に積極的で、この度、フリーの着オケを提供している。

Brussels Philharmonic launches free classical music ringtones

各曲のダウンロードはこちら

このオケでは、デジタル配信のページもある。

The Mobile Phone Orchestra (MoPhO)

EstoniaのEvaとReenは、大きな吊り下げたケータイの着メロでシンフォニーを奏でる夢をもっているが、米スタンフォード大学では、ケータイを使ったオーケストラをつくっている人たちがいる。

スタンフォード大学CCRMA(The Stanford University Center for Computer Research in Music and Acoustics)のGe Wang准教授らは、1台のケータイを1台の楽器とし、ケータイオーケストラ(MoPhO)に取り組んでいる。搭載された加速度センサーや磁気センサーを使って、ケータイを振り回すことで、音程や音色が変わったりするようだ。

直感クラシックのように、曲が準備されていて弾いているまねをするのではない。まあ、近いと言えば、テルミンを演奏するのに近い感じだ。

MoPhOのホームページで紹介されているデモンストレーション映像では、音のうねりが押し寄せてくるような、重苦しい曲?が流れてくる。

 

2009.4.20追記

実は、Wang准教授はiPhone OcarinaのSmuleのco-founderでもあったのでした!

 

 

その他に参考 Wii Music

Latvijas Radio 3 – Klasika

ラトビア放送を発見したのは、そう、ちょうど修論を書いていた頃だから、今から3年近く前のことだ。それ以来、私のお気に入りのサイトNo.1だ。

Latvijas Radio 3 – Klasika

ライブ

アーカイブ

ラトビア放送のページは、当然ながらラトビア語。せっかくのアーカイブも、ぱっと見にはよくわからない。そこで、作曲家、楽器、演奏家などのキーワードを辞書として記録しておき、それでもって検索できるようにしておくと便利である。

 

<form action=”http://www.google.com/search&#8221; method=”get”>

<table border=”0″ bgcolor=”#FFFFFF”>

<tbody>

<tr valign=”top”>

<td><input maxlength=”255″ name=”q” size=”31″ type=”text” /> <input name=”ie” type=”hidden” value=”utf-8″ /> <input name=”oe” type=”hidden” value=”utf-8″ /> <input name=”hl” type=”hidden” value=”lv” /> <input name=”sitesearch” type=”hidden” value=”www.latvijasradio.lv” /> <input name=”btnG” type=”submit” value=”Google 検索” /></td>

</tr>

</tbody></table>

</form> 

 

 

作曲家

Bahs Bēthovens Bokerīni Brāmss Čaikovskis Debisī Dvoržāks 

Forē Grīgs Glazunovs MendelsonsMocarta 

Paganīni Ravela Rimskis – Korsakovs 

Sensānss Šostakovičs Stravinskis Šūberta Šūmanis Verdi 

楽器

klavierēm vijolei

形式

Sonāte simfonija

演奏家

Helēna Grimo, Andrāšs Šifs, Mikelandželi, 

楽曲

バッハ平均律 labi temperētā klavesīna 

http://www.latvijasradio.lv/program/2006-01/20060129_3.htm