ストーリーの心理学

Jerome Bruner “Making Stories”,2002    J. ブルーナー「ストーリーの心理学」法・文学・生をむすぶ ミネルヴァ書房 2007年

p.19

ストーリーは、問題を解くというよりむしろ問題を見つける道具である。

 

pp.19-20

イヴはアダムを誘惑して、「智慧」という禁断の木の実の味見をさせ、人間の真の状態がエデンの園からの追放をもって始まる。私の最も昔の記憶の一つは、父の書斎に架かっていたDürerの”Expultion”(『追放』)の白黒版画がその裏に宿す「真実のストーリー」を、父に語ってもらおうとした子ども時代の試みについてである——なぜこの怯えた二人がこのような様で逃げているのかと。しかし、神がアダムとイヴに善悪の智慧を禁じている部分になると、父の説明(主として神への不服従について)しようとする努力がためらいがちになるのがみてとれた。中世やルネッサンスのイタリアでは、日曜道化師(天才的道化芝居のDario Foの興行によって我々の時代には有名になった)は、人類の堕落についての説教の後に、教会を出る教区民に向かって「善悪を知ることはなぜそんなに悪いというのか」と問う時はいつも、そのように進んで口ごもってみせたという。

pp.27-28

学生たちは自分たち3人が考えだしたこの小さなドラマに、本人たち自身が度々驚いたと我々に何回か語った。彼らは一つのテーマにかかわる劇作への旅に出ることによって、自分たちが知っていると考えていたよりもいかに多くのことを知っていたかを意識したのではないかと思う——日常の方法と変わった方法をとることによって見出したのである——法律についてよりも実演することのもつ力について、つまりものごとを考えたり語ったりする日常的慣習の中に秘められているアイディアを表現するためのナラティブを演ずることの力について知ったのである。ナラティブは、たとえ法的なストーリーを読む場合でも、可能世界に開かれているように思えたのである。

p.36

ナラティブは、我々の計画や予期のもたらす不確実な結果を扱うための手早く柔軟な手段を我々に与えてくれるからである。AristotleからKenneth Burkeまでのの皆が言うように、ナラティヴにはずみをつけるのは、期待が外れた方向へ進展する場合である——Aristotleは事態の激変と呼び、Kenneth Burkeは大文字のTで示すトラブルと呼んだものである。

p.52

とりわけ法廷で許されている法的ストーリーの種類、語りの様式、それらを取り込む方法を取り扱うのである。ストーリーが当然のこととして受け入れられないのは明らかなので、それらはいかにして受け入れたれ、いかに規制され、制限され、評価されるべきなのか。この問への回答は、どのようにして通常のストーリーを法的ストーリーに変換するのかを説明する手助けとなるであろう。

法的ストーリーが法的に分析され、最終的に裁判官席あるいは陪審員席から評決される手順を我々は見なければならない。まず、「事実問題(matters of fact)」と「法的争点(points of law)」が重要な問題となるであろう。

p.134

かつて私がもっていた信念、心に関しては二つの相互変換可能な世界、パラダイム的な世界とナラティヴ的な世界があるという若い情熱的な信念は完全に誤りであった、と私は今では考えている。たしかに、思考のパラダイム的様式は、物事がどうあるかについてのよく形式化された命題の実証に依る。また、ナラティヴ的様式も世界に向けられるが、それは物事がどうあるのかではく、物事がどうでありうるかもしれないとか、どうありえたかもしれないということに向けられる。パラバイム様式は、経験主義的であり、宣言的である。つまり、属性yをもつxがあり、その範囲は属性zをもつというように。ナラティヴ様式は規範的であり、仮定法的である。

p.137

それは何を現実であるとするのかについての我々の観念は、我々が「現実」をいかにして知るにいたるのかについての着想に一致させるように作られるということである。私がここで示唆しようとしているのは、ストーリーは次のようなことをなすという点である。すなわち我々は、自身が「現実世界」について語るストーリーにあわせて「現実世界」を考えるようになるということになる。

p.144(訳者:解題)

ナラティヴ(narrative:「物語」「語り」と訳されているが、十分に適切とも言えぬので、ここでは原語のままとする)は、「個々の事象を、一つのストーリーの中に位置づけることによって意味づけ、そのストーリーをもって、世界や自己自身を代表させてゆくいとなみ(もしくはその所産)」と訳者は一応捉えておく。そしてそこでは、それを「作り手」が「聞き手(読み手)」に「語る」という行為としての性格が重視される。それは事象の「解釈」による「意味生成」の強力な手段であるとともに、一方ではその「文化」のもつ長年のフォークサイコロジーや文学作品として蓄積された共有の解釈手段の体系としても存在し、人々の日々の「生活」における行為を規定している。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。