ニーズのあるところビジネスあり

New York Times 2011/10/27

ニューヨークでは、学校へ携帯電話を持ち込むことは禁止されているらしい。

でも、登下校のことを考えると、子どもに持たせたいという親もいるだろうし、子ども自身も校門から出ればすぐに使いたいだろう。

ニューヨークでは、一部の学校では、治安が悪い地区では銃やナイフなどの危険物を校内に持ち込ませないために、金属探知機を備えている。それを使って携帯電話をもっているかどうかのチェックを行っている。これだと、持っていればすぐにバレてしまう。

そこで、登場したのが、携帯電話預かり業だ。

New York Post (2012/6/18)の記事によると、Pure Royalty社をはじめ、数社が預かり業を始めていて、年間4億円くらいのビジネス規模になっているらしい。Pure社では、ブロンクス、マンハッタン、クイーンズ地区の高校に計7台のトラックを出して携帯電話を預かっている。料金は、1日1ドル。1ヶ月15ドル、3ヶ月42ドルの定期券みたいなパスもあったり、月曜日に友だちを誘って預ければ無料になったり、この市場も、競争にさらされているようだ。

子どもたちの少ないお小遣いから、1日1ドルも巻き上げるのはいかがなものかといった批判もあり、また、学校が無料で預かれば良いとか、そもそも、学校へ携帯電話を持ち込むのは禁止する必要はない、といった意見もあるが、どんなところにもビジネスチャンスは転がっているという一例。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。