古典的だけど、新しいビジネスモデル

これまで

Amazon.com レコメンドシステム(購入履歴、検索行動からおすすめ商品に誘導)

Google AdWords 検索行動から、マッチする広告を表示(キーワードの価値に応じた値付けも)

Groupon クーポン集めサイト(スケールメリット、クーポンが集まる⇔人が集まる)

CardLytics クレジットカードの取引履歴から適切なクーポン情報を配信

thinknear モバイル位置情報連携広告

金融機関は保有する取引情報を「メディア」としてあらたな価値を生むものとして活用し、

広告主(クーポン発行者)は、効率のよい集客ツールとして、そのメディアを使う。

CardLyticsが間に入ることで、顧客情報が直接広告主にわたることはない。

果たして、CardLyticsは広告(クーポン)ネットワークの中枢に入れるだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。