棺桶産業が生き返ったという面白い記事

内容はたいして興味深いものでもないが、たいへん面白い記事にしたててある。

人は確実に亡くなるのだから、本来は安定需要が見込める棺桶産業が、実は、長生き、中国製の進出、火葬の増加などで、苦境(死にかけた)なのだそうだ。

そこで、トヨタの「カイゼン」を導入して、リーン棺桶製造システムを構築し、生産性を大幅にアップさせ、経営効率改善(生き返った)したとのこと。

Bringing the Coffin Industry Back From the Dead

How barcodes and touch screens are resuscitating a casket factory

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。