mobile and death

textually.org の記事 

◆bury me with my cellphone @ msnbc dec. 16, 2008

 ここ5、6年、携帯電話を一緒に納棺するケースが増えているが、なかには、iPodやBluetoothのヘッドセットを一緒にいれる場合もある。

入れる理由はいくつかあるが、

1.遺品として 生前故人とともにあったものを一緒に。

2.埋葬するときにiPodを聞かせて、やすらかにと願う。

3.故人とのつながっていたいという想い。

死後であっても、愛する人に電話をかけたい。応答はなくとも、繋がっていたいのだ。電話をかけることによってつながりを感じ、と、同時にだんだんとその人の死を受け入れていくのだ。(Pam Vetter, ロスァンジェルスの葬儀プランナー)

また、中には、誰もが電話できるよう、墓石に電話番号を彫る人もいる。(2年半前に弁護士の夫を亡くした妻)

Deceased Lawyer Still Takes Calls @ CBS News

THE DEAD RINGER@New York Post

4.着メロが賛美歌に、一方で、ベル音で眠っている故人を起こす

1800年代は、埋葬するときにベルを入れた。

◆Handsets get taken to the grave @ BBC

携帯電話が一緒に納棺される風習は南アフリカのケープタウンが発祥だ。

今では、アイルランド、オーストラリア、チャド、ガーナ、そしてアメリカにまで広がっている。

◆So sad, so tragic. Then… Out come the camera phones @ ELECTRIC NEWS

 

◆Dead man’s cell phone by Sarah Ruhl

Review

by Washington Post, ‘Dead Man’s Cell Phone,’ Answering Some Biggies

by New York Times, A Nagging Call to Tidy Up an Unfinished Life

Chicago, Steppenwolf

Scriptはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。