Google Chrome躍進

Google Chromeの躍進を伝える記事

ブラウザーにはロックインの効果があまり効かないようだ。その上で様々なコンテンツが展開されるという意味で、プラットフォームの構造をもっている。が、しかし、下位(OS)に対しても、上位(webベージやガジェット、さまざまなコンテンツなど)に対して「互換性」を持っていて、また、ブラウザは無料であるため、ブラウザを入れ替えるためのスイッチングコストが低い。

昔、ブラウザ競争といわれた時代があった。いまでも、「競争」は続いているが、純粋な機能競争の様相を呈していて、外部効果によるロックインの対象とはならなくなったようだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。